ちばエコチル調査ブログ


2018年9月1日(土)、君津市民文化ホールにて、ちばエコチル調査参加者様対象のイベント「ぴよきちわくわくフェスタ」を開催しました!
メイン_03

午前と午後に分けた1日2回の開催でしたが、どちらの回もたくさんのエコチルファミリーにお越しいただき、お陰様で大盛況のイベントとなりました

まだまだ暑さが厳しかった中、ご来場いただいた皆様、本当に有難うございました

まずは、森千里センター長による開会のご挨拶から

森先生
ぴよきちに見たてたぬいぐるみの相棒といっしょに、エコチル調査の重要性と、ご協力くださっている皆さまへの心からの感謝の気持ちをお伝えしました

次は、千葉大学予防医学センター助教の山本緑による、クイズを織り交ぜながらの「エコチル調査のお話」。
山本先生
エコチルイベントを重ねるうちに盛り上げ方が板についてきたのか、会場のお子さん達が元気な声をあげながら、楽しそうにクイズに参加してくれました


そしてメインイベントは、「うごく☆大きな絵があるコンサート」 けちゃまよ飾り付き_08
「楽しく歌う♪ふうふ」がキャッチフレーズの夫婦デュオ「ケチャップマヨネーズ?」のお二人が、オリジナルの動く大きな絵の前で、楽しい歌とダンスを披露!
ご家族みんなで、歌ったり、笑ったり、踊ったり 会場全体が一体となって、予想以上の大盛り上がりとなりました

ジャンプ_08
ジャンプの歌詞に合わせてお子さんを何度も高く持ち上げていたお父さんの腕力と、ボーカル・サヤカさんの跳躍力、ハンパなかったです!(笑)


ぴよきちパネル撮影中_03
ぴよきちパネルと一緒に、記念撮影中のご家族

チーバ君撮影中_03
暑さに負けず活躍してくれた人気者・チーバくん、ありがとう!

集合写真_03
ちばユニットセンターのスタッフも、森センター長を囲んで記念のワンショット

至らない点も多々あったこととは思いますが、お陰様でたくさんのエコチルファミリーの素敵な笑顔と出会え、多くの「楽しかった!」の声をいただきました 

千葉ユニットセンターでは引き続き、様々なイベントを開催していく予定です。
お子様たちが13才に達するまでの長い道のりの中で、チョット素敵な思い出の一つとなれるよう、そして少しでも皆様のお役に立てるよう、スタッフ一丸となって頑張ってまいります。

今後も、エコチル調査にご協力くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします



2017
年11月11日(土)、木更津市の木更津市民会館にて、エコチル調査参加者様限定イベント「ぴよきち秋祭り」を開催しました 
エコチル参加者様とそのご家族をあわせ計222名の参加者様にご来場いただき、お陰様で大盛況! 当日お運びくださいました皆様、本当に有難うございました

今回のイベントは、ステージイベントとサブブースでの様々な催しを同時進行していくスタイルで開催しました。
森先生あいさつ
メインステージは、小脇にぴよきちを抱えた森センター長のあいさつで開幕
最初の演目は、エコチル調査について楽しみながら知っていただくための「エコチル〇×クイズ」です
全体---コピー
内容は、お笑い系からちょっとタメになる問題まで全11問。(11月11日開催だったから) 参加者の皆さんには、予め配布した〇×の紙を掲げてクイズにご回答いただきました 木更津市のマスコットキャラクター「きさポン」も、短いお手てを必死に伸ばして一緒にクイズにトライしてくれましたヨ

次の演目は、「キッズのためのはじめてのピアノコンサート」
ピアノふれあい体験1
若きピアニスト:日向みのりさんが奏でるピュアで美しい音色に、パパママだけでなく、ちびっ子たちもウットリ 生演奏ならではのピアノの魅力が、小さなお子さんのハートにも素敵に響いたようです
演奏後には、抽選に当選したお子さんたちに、ピアノのふれあい体験も楽しんでいただきました

3つ目の演目は、この日の総合司会もお願いした
渡辺あゆ香さんによる「楽しい歌のワクワクキッズライブ
あゆかさん
気持ちを元気かつハッピーにしてくれる明るい歌声、チャーミングなダンスに楽しいスライド、観て&聴いて楽しめる演出にお子さんたちもノリノリに
会場が一体となって、みんなで歌ったり、拍手したり、踊ったりしながら、楽しく盛り上がっていただけました

ここでいったん、サブブースの方もご紹介いたします!

3フラフープ
フラフープコーナーでは、30秒間に何回まわせるかチャレンジ パパやママも参加してくれました


1工作
工作コーナーでは、フリスビーや輪投げの輪っかを手作り

2フリスビー
自分で作った紙皿フリスビーを、ぴよきちの口めがけて飛ばしてます

8輪投げ
プチプチの気泡シートで作った輪っかを投げて遊ぶ輪投げコーナーも


☆当日配布資料(ぴよきちをさがせ)
5羽のぴよきちが、会場のどこに隠されているかを探す「ぴよきちをさがせ!」では、お子さんの方が先に見つけて、パパママに得意げに教えているシーンも見かけました


5お花を咲かそう
色をぬったり顔を描いたりしたお花を自由に飾ってもらったジャイアントツリー このあと、みんなのお花で満開になりました

4健康コーナー
身長、体重、血圧を測れる健康コーナー。お子さんが、血圧を測ってもらってます


6エコチル展示
エコチル展示ブースでは、化学物質についての解説や、詳細調査(訪問調査)の環境測定方法をポスター展示

メインステージで大トリを飾ったのは、「宇宙一愉快なお祭り集団」こと神田外語大学 YOSAKOI心 -shin-の皆さんによるよさこい演舞のパフォーマンス

7よさこい2
ど迫力のよさこいソーラン演舞で圧巻のステージを繰り広げ、この日のラストを鮮やかに締めくくってくれました


……と、無事終了した安堵の気持ちから、ついつい自画自賛傾向に走ったブログになってしまい、ゴメンナサイ~
スタッフの手づくりイベントだったため至らぬ点も多々あったことと思いますが、何とぞご容赦くださいませ
お陰様をもちまして、「楽しかった!」、「また参加したい」という声をたくさん頂戴することができました。

千葉ユニットセンターでは、少しでも参加者様のお役にたち、楽しい思い出の一つとして残していただけるよう、今後も様々なイベントを企画・開催していく予定です。
スタッフ一丸となって努めてまいりますので、今後もエコチル調査にご協力いただけますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます


20161123()、木更津市民会館にて、千葉大学予防医学センター第25回市民講座「エコチル調査と発達障害について」を開催しました。
11
月というのに真冬並みの冷え込みとなり(翌日、関東地方は54年ぶりの11月の降雪に!)、あいにくの天候だったにも関わらず、50名近くの方々がご来場くださいました。

ご来場の皆様、誠に有難うございました!

1全体2

今回、発達障害を取り上げての市民講座を開催するに至ったのは、最近のニュースレター「ちばエコチル調査つうしん」でのアンケートで、発達障害についての情報を求める声が多かったことがきっかけでした。

千葉ユニットセンターの森センター長による開会あいさつ



山本緑特任助教による講演「エコチル調査でわかってきたこと」

 

メインプログラムの講師としてお招きした橋本先生は、これまで数多くの発達障害のお子さんや高次脳機能障害の方の診療に関わってこられた、この分野での第一人者です。

■橋本圭司先生

はしもとクリニック経堂 院長

国立成育医療研究センター リハビリテーション科医員

NPO法人高次脳機能障害支援ネット 理事長

発達を支える子どものリハビリテーションー発達障害・高次脳機能障害への対応法ー」と題し、子どもの発達が気になった時、今日・明日からできることについて、時に楽しいジョークも交えながら、具体的にお話しいただきました。
たいへん中身の濃い素晴らしいご講演内容だっただけに、熱心にメモをとりながら聴講されている方が多くみられ、最後の質疑応答でも活発に質問が寄せられました。

一つひとつの質問に、とても真摯にご回答いただきました。

さらには、「都合がつかず橋本先生のご講演を聴くことができずに残念だった。また開催して欲しい」といった声も多数いただいております。

そこで、来年2月末発行予定のニュースレター「ちばエコチル調査つうしん Vol.10」において、今回のご講演内容を橋本先生ご自身にまとめていただいた記事を掲載させていただくこととなりました。

ニュースレター「ちばエコチル調査つうしん」は、エコチル参加者様以外の方にもご覧いただけるよう、毎号、ちばエコチル調査のホームページにアップロードしています。楽しみにお待ちいただければ幸いです。
http://cpms.chiba-u.jp/kodomo/

千葉ユニットセンターでは、子育てに奮闘する方々のお役に立てるよう、これからも様々な形での情報発信に努めてまいります。
今後とも、エコチル調査にご協力いただきますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます!


2016215日(月)、千葉市の緑保険福祉センターにおいて、子育て講演会「豊かな心をはぐくむ子育て」を開催しました。
1全体写真
お話しいただいたのは、ちばエコチルつうしんでも連載記事を書いていただいている「キット先生」こと松本有貴先生です。
キット先生の子育て講演会は過去にも数回開催していますが、お陰様で毎回、大変ご好評をいただいております。

世間ではインフルエンザが猛威を振るっている中、10組のママ&キッズが元気に参加して下さいました。

今回の講演会は、託児なしの「お子様と一緒に聞ける講演会」でしたが、会場後方にお子さんが遊べるスペースを設けました。
3キッズスペース
キット先生はいつも、育児の中で使える“スキル”を教えて下さり、大変参考になります。
ご来場いただいたママさんたちも熱心にメモを取られていました。
子ども達が成長していく中で、いつか必ず出会う何らかの“壁”を乗り越える力をつけるためには、『レジリエンス』(困難を跳ね返す力)を育てることが大切。日々の子どもとのふれあいの中で、その力を育てていくことができるとのことです。
わかっていてもなかなか実践できないのが育児の難しい所ですが、意識をすることで気づく事も出てきます。共感する事・ほめる事、また、笑顔で挨拶する事で、子どもの豊かな心を育てていくとともに『楽しい我が家』になっていくように思います。


今回をもって、今年度のちばエコチルママの会は全て終了いたしました。
エコチル調査は皆様のご協力によって成り立っております。スタッフ一同心より感謝いたしております。
来年度も、皆様と成長していくエコチルキッズにお会いできますことを楽しみにしております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。







 


 


 


2015年1130日(月)、館山市コミュニティーセンターにて、ちばエコチルママの会「ボディーコンディショニングとおしゃべり会」を開催しました。
今年度のエコチルママの会は、これまでに開催した中で好評をいただいた2講座に限定した開催となりました。
図6
このボディコンディショニングは、健康運動指導士の金丸満理子先生の的確な指導と人柄と、身体の気持ちよさが毎回好評です。育児に家事に大忙しのママが、ホッと一息身体と心のコリをほぐす、そんな講座です。

図5
参加された皆さんからは、「気持ちが良かった」「普段ストレッチに時間をとる事ができなかったのでとてもいい機会だった」「楽しかった」といった感想をいただきました。

また、別室のお子様たちは、託児のスタッフと楽しく遊んでいるお子様、ママと離れて悲しくなってしまうお子様、笑い声や泣き声で賑わっている中、すやすやお休みタイムのお子様、それぞれのスタイルでお留守番することができました。

図7
次回は、今年度最後のエコチルママの会として、お子様同伴で聴講できる育児講座を予定しています。後日改めてご案内しますので、お時間のある方、ご興味のある方、是非お申込みください。

このページのトップヘ

| HOME | エコチル調査って? | ちばエコチル調査の内容 | イベント情報 | ぴよきちブログ | リンク | お問い合わせ |