ちばエコチル調査ブログ


2013年7月5日(金)、いすみ市の大原文化センターで、ちばエコチルママの会・子育て講演会「豊かな心をはぐくむ子育て」を開催いたしました

お話を聞かせていただいたのは、毎回、子育てについての深イ~イ話でママたちのハートを癒してくださる、千葉大学 子どものこころの発達研究センター特任講師の松本有貴先生です。
今回も、プロジェクターやDVDを使いながら、わかりやすくお話してくださいました。
ブログ写真加工用ピンク小花枠

松本先生のご講演のポイントは、「前向き子育て」。
そして、「“レジリエンス”の高い子どもを育てる」ということです。

この“レジリエンス”って、聞きなれない言葉ですよね。
どういう意味かというと、逆境や困難に出会ったときに、その状況に適応しながら、乗り越えていく力のことだそうです

親としては、可愛い子どもに、辛い思いや苦しい体験はなるべくさせたくない。
とはいえ、大なり小なりの困難や苦難は避けて通れないのがこの世の中。
ですから、周囲の人たちと支えあいながら、たくましく、できるだけ楽しく生きていくためには、「レジリエンスの高い子に育てる」ということは最重要課題かも と思いました。
  (あぁ、うちの息子が育ちあがっちゃう前に、このお話を聞いておきたかったー)

ちなみに、このレジリエンスを育てるためには、ユーモアも大切なのだそうです。
なるほど~、だから松本先生のお話には、随所にお笑いポイントがあるのかナ。
この日教わった具体的な子育てスキルで、ママたち自身のレジリエンスも高まったとしたら、スタッフとして嬉しい限りです

それでは今回も、ご参加いただいたお母様たちのご感想を紹介させていただきます
(※ご感想とお写真は、ご本人のご了解を得た上で掲載しています)

鶴岡和美さん

turuoka
「この子は4人目の子で、上に3人も子どもがいるもので、毎日ついついガミガミと怒ってばかりになっています。でも、今日のお話を聞いて、こちらの怒りがエスカレートしてしまうと、子どももイライラがエスカレートしてしまうんだなと反省。忙しい中でも、今日教わった『褒めることの大切さ』を忘れず、具体的な言葉で上手に褒めてあげながら、子どもとの関係をより良くしていきたい思います」



苅米英理子さん

karikome
「うちの子は1歳を過ぎて、自我が芽生え始めた時期。欲しい物があってグズるようなことが、どんどん増えてくる時期ですから、そういった時の対処のコツなど、具体的に教えていただけてとても良かったです。途中、子どもがあきてウロウロしだした時も、スタッフの方が相手をしてくださって助かりました。他のママたちとおしゃべりできる機会もなかなか無いので、今日は本当に楽しかったです」

 
次回のエコチルママの会は、
8月20日(火)、千葉市の緑保健福祉センターにて、 
子育て講演会「子どものアレルギー」
講師:下条直樹(千葉大学大学院医学研究院小児病態学 准教授)
です。
皆様のご参加をお待ちしております。


 


さる6月12日()、鴨川市のかんぽの宿で、「ミニ講演会『乳幼児の身体の発達とケア』&親子で遊ぼう!」を開催いたしました

お陰様で、ここのところイベントは毎回、大盛況!
この日はあいにくの雨だったにもかかわらず、一人の欠席者もなく、たくさんのママとお子様が集まってくださいました。

イベント前半は、ミニ講演会。
乳幼児の育児で
心がけることについてなど、伺いました。

seki
講師は、
千葉大学予防医学センターの特任研究員でもある、保健師の関澄枝さん。
(関さんは、
いすみ市のもりかわ医院で、ちばエコチル調査のリサーチコーディネーターも担当しています)

お話の中から、少し紹介させていただきますと…。

  離乳食を始めたら、アレルギー予防として

  ○できるだけ食事内容を変える。(同じ食材ばかり食べさせない)

  ○食べるものには、必ず熱を加える。

  ○たんぱく質は、順番に、様子をみながら。
  (
米、野菜からスタート → 魚、肉、卵、乳製品 → 大豆、小麦)
   
※卵や乳製品は、1歳を過ぎてからでも遅くない。


  生後9ヶ月くらいになって、歯が生え始めたら

  歯磨きは、必ずお母様がしてあげて。

  (歯ブラシをお子様に持たせっぱなしにすると、事故につながるおそれがあるため)

  フッ素塗布は、ブクブクうがいができる2歳頃から。


講演会後の質問タイムでは、アットホームムードの中、お母様方が、次々と熱心に質問されていました。

ざっくばらんで楽しいキャラの関講師 ママたちも、気軽に質問しやすかったようです


イベント後半は、「親子で遊ぼう!」のコーナー。

「館山市元気な広場」スタッフの古橋博子さんと鷹巣菜穂さんに、わらべうたと手遊びを教わりました。

takasu
わらべうたを歌ってくださった鷹巣さんは、小さなクマのぬいぐるみを一つもってご登場。
鷹巣さんがわらべうたを歌いだすと、赤ちゃんたちまで一斉に耳を傾け、ザワついていた会場が一挙に静かに…。
鷹巣さんの澄んだ歌声だけが会場に響きわたる、なんとも不思議な時間が流れました。

より刺激的な音や映像で子どもの興味をひこうとしがちなデジタル社会の中で、わらべうたのもつ、素朴で不思議な魅力をかいまみたひと時でした


手遊びもいくつか教えていただいたので、その中から一つ、掲載させていただきますネ

お子さんと向き合って、スキンシップをはかりながら遊ぶ手遊びです。

「めんめん、すーすー」

1、「めん・めん」と言いながら、お子様の目の近くを2回さわる。
2、「すーすー」と言いながら、お子様の鼻筋を2回なでる。
3、「けむしし」と言いながら、お子様のまゆ毛を2回なでる。
4、「きくらげ」と言いながら、お子様の耳たぶを2回つまむ。
5、「チュッ!」と言いながら、お子様のくちびるをさわる。


最後の「チュッ」のところで、お子さんたちが大いに盛り上がっていました
※赤ちゃんが自分の顔を指差しながら遊ぶ場合、「めんめん」のところで目の中に指を入れたりすることがないよう、ご注意くださいませ。


小さなお子さんたちは、テレビより何より、大好きなママと一緒に遊べることが一番嬉しいんですよね

ご参加いただいたママたちのコメントも、紹介させていただきます。


高梨紗弥子さん▼

takanasi
「育児情報誌なども読んではいるんですが、こういう場で、専門家の方のお話を直接聞けるというのは、全然違いますね。説得力があって、色々と安心できました。
以前、他のイベントにも参加したことがあり、そこで初めて会った人と、とても良いお友達になれたんですヨ。エコチル調査に参加して、本当に良かったです」


吉本江梨子さん▼
yoshimoto
「うちの子はまだ3ヵ月なので、手遊びなどは早いかなと思っていたんですが、実際にやってみるととても喜んでいました。言葉の意味はわからなくても、楽しんでくれるものなんですね。わらべ歌が始まると、子どもたちがシーンと静かになったのにも驚きました。
講演会で教わったことや手遊びを活かして、これからの子育てを楽しんでいきたいです」



 「館山市元気な広場」スタッフより、わらべうたのご案内
  2013年6月24日(月)10:00~(20分程度) 館山市元気な広場にて
  2013年7月12日(金)10:30~11:30 館山市図書館集会室にて


2013年5月10日()、木更津市民会館で「ボディコンディショニングとティーパーティー」を開催しました。

前半のボディコンディショニングでは、ストレッチポールを使ったエクササイズによって、身体のこりや疲れを和らげ、歪みを直していきます
(講師は、健康運動指導士として各地で活動している金丸満理子さん。金丸さんは、いすみ市のもりかわ医院でリサーチコーディネーターを担当しています)

24_5_10kisaradu1スタートは、まず自分の身体が今どのような状態なのかをチェックするところから。

指示されたとおりに身体をねじったり曲げたりすると、右側と左側の曲がり方に結構な差があったり、どこからかバキボキと音が聞こえてきたり

24_5_10kisaradu2身体のあちこちに日頃の育児疲れがかいまみえるママたちですが、ストレッチポールに身体を預け、ゆっくり呼吸しながらエクササイズしていくにつれ、心も身体も心地よ~くリラックスしていきます
最後にもう一度、身体のチェックをすると、最初の状態より柔軟性が増していたママたちが多かったようです。

後半のティーパーティーでは、みんなで一緒に手作りシフォンケーキを食べながら、子育て中のママ同士、オシャベリを楽しんでいただきました
(シフォンケーキは、保健師であり、「手作りお菓子manma」主宰者でもある藤井晴美さんが焼いてくれました。藤井さんも、もりかわ医院のリサーチコーディネーターです)
育児について、気楽に情報交換し合えるため、このおしゃべりタイムを一番の楽しみにしていらっしゃるママさんも少なくないようです。

参加者のコメントとお写真も紹介させていただきます
(
ご本人のご了解を得た上で掲載しています)
24_5_10kisaradu3
福原智美さん
「出産経験のある友達がまだ全然いなかったので、今日は赤ちゃんのいる人達と色々しゃべってお友達にもなれて嬉しいです。
子どもを預かってもらえる機会もなかなかないので、託児も助かりました。
ボディコンディショニングで肩や腰のこりもほぐれましたし、是非また参加したいです」


24_5_10kisaradu4
羽賀香名芽さん
「体が後ろにそり気味になっていたことなど、知らぬまに体がゆがんでいたことに気づきました。リラックスできて、本当に気持ち良かったです。
我が家は上の子二人がぜんそくで大変だったので、自分がエコチル調査に参加することで、アレルギーの原因解明などに役立てればと考えています」

なお、今回の「ボディコンディショニングとティーパーティー」は特にお申込みが殺到したため、急きょ、同日午前の部の追加開催を決定し、午後の部でお断りした方から優先的にご案内いたしました。
ですが、追加開催の午前の部の方も予想外に早く定員に達し、多くのお母さまの参加のご希望に添えなかったことを、この場であらためてお詫び申し上げます。

ちばエコチル調査事務局(千葉ユニットセンター)では、今後も、少しでも参加者の皆様のお役にたてるよう、様々なイベントを企画開催してまいります
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

このページのトップヘ

| HOME | エコチル調査って? | ちばエコチル調査の内容 | イベント情報 | ぴよきちブログ | リンク | お問い合わせ |