20181110()、千葉大学けやき会館大ホールにて、ちばエコチル調査講演会「子どもの健康と発達障害を知ろう!」を開催しました
全体
お天気に恵まれたポカポカ陽気の秋の土曜日、エコチル調査参加者様をはじめ、一般市民の方々から医療関係者や教育関係者の皆さまなど、幅広くたくさんの皆様にご来場いただきました。
会場までお運びくださいました皆様に、まずはお礼申し上げます! 本当にありがとうございました
1櫻井先生


講演1は、エコチル調査千葉ユニットセンターの山本緑助教による「エコチル調査の取り組み」
2山本先生
「エコチル調査を知らなかった」という一般のお客様にも、エコチル調査の意義をご理解いただき、参加者のお母さんたちを応援していただけますよう、願いを込めてお話しました

講演2は、人気漫画家であり、今年、NHKでドラマ化され話題となった「透明なゆりかご」の原作者でもある沖田×華(おきたばっか)さんのご講演!
3.沖田さんアップ

発達障害の当事者である沖田さんは、ご自身の発達障害の特性や、ご苦労されたエピソードなどを、沖田さんならではのコミカルな漫画で説明しながら、具体的に語ってくださいました
4.沖田さんスライド

講演3は、国立成育医療研究センターリハビリテーション科 臨床心理士の竹厚誠先生による「発達障害をふまえた子どもとのかかわり」
5.竹厚先生アップ

「そもそも発達障害とは?」というところから、様々な特性に応じたかかわり方についてまで。
専門家としての立場から、たくさんのスライドを使ってわかりやすくお話いただきました
6.竹厚先生スライド

講演会終了後、ご来場の皆さまにご協力いただいたアンケートでは、うれしいご感想をたくさんお寄せいただきました

沖田さんのご講演については、「発達障害の講演は何度か参加しているが、当事者の話を聴けたのははじめてだったので、とても参考になった」、「当事者である沖田さんの様々な体験や正直な思いを聴くことがとても良かった。もっと理解したいという思いが強くなった」等など。

竹厚先生のご講演については、「説明がとてもわかりやすかったし、根底にある思いがとてもあたたかく、希望が感じられた」、「子どもが自閉症傾向があるのだが、対応の方法がとても参考になった。子どもの気持ちが少しわかった気がして涙が出た」等など。

沖田×華さんにご登場いただくこの講演会は、121()に館山市の南総文化ホール(大ホール)で、もう一度開催します
講演3の講師は、竹厚誠先生から橋本圭司先生(高次脳機能障害と発達支援のためのクリニック「はしもとクリニック経堂」院長)にバトンタッチしますが、橋本先生は発達障害や高次脳機能障害研究の第一人者! 子どもの発達が気になった時、今日・明日からできることなど、濃くて深くてためになるお話を聞けるチャンスです!
入場無料、事前申込み不要、どなたでもお気軽にご参加いただける一般公開講演会です
お席には十分な余裕がございますので、お誘い合わせの上、是非ともご来場くださいませ